バナー

サービスエンジニアに転職する時に必要なこと

求人や転職の募集欄を見ていると、サービスエンジニアという職種を見かけることがあります。


これは基本的には、機械や製品の保守点検、修理などの業務に当たる仕事です。



何を専門に行うかによって内容は大きく変わりますが、体力がないときつい仕事ではあります。

お客様から連絡などがあったら現地へ向かい対応をします。車での移動が多くなるので、運転免許は必須です。また製品の修理などを行うので、電気回路の知識や工具の使い方といった基本的なことから、その製品に対する深い知識が要求されます。

サービスエンジニアへ転職される方は、もともとエンジニアをやっていた方もいますし、電気や機械関係の専門的な仕事についていた方もいます。

いろいろなマイナビニュースが一般的になってきました。

様々な分野で活躍したいなら、それなりに資格も必要になってきます。



転職を考えているならば、危険物や電気工事士といったものから、エックス線作業主任者やプログラムマネージャーなど様々な資格を持っていて損になることはありません。

サービスエンジニアとはそれほど広い分野にわたって仕事があります。

自分が得意なものや、やりたいものがどの分野にあるのかをしっかり見極めて置き、単にサービスエンジニアになりたいと思うのではなく、何のサービスエンジニアになりたいのかを決めておけば、どのような資格が必要で、そのようなことができればいいのか分かってきます。
転職の際はある程度計画的に進めていくことで、スムーズに仕事を得ることができます。